注文住宅
  

構造システム

最高等級「耐震等級3」相当を実現
当社の住宅は、かけがえのない「家族」と大切な「財産」を
地震から守ります。そんな家づくりのため、耐震設計を実施。
当社では、すべての住宅で構造計算を実施し、「耐震等級3」
の耐震構造を実現しています。

「耐震等級3」は、国土交通省が2000年に定めた、住宅性能
表示制度における耐震性能の最高等級です。建築基準法では、
極めてまれに(数百年に一度程度)発生する地震による力が
定められており、この力に対して倒壊しない程度のものを
「等級1」としています。

 

構造品質基準 -Construction Quality-

見えない所にこそ最高の仕事を。数字(住宅性能評価等)だけでは語れない「真実」がここにあります。
※基礎補強は調査の結果、柱状改良以外の工法を指示される場合があります。
 

地盤調査(SDS試験)
高度な調査・解析力で不同沈下を保証。万が一の事故も万全な対応をいたします。地盤に対する安心への取り組みとして、JAPAN HOME SHIELD社(LIXIL.グループ)提携のもと、精度の高い調査、第三者の解析、確実な施工と万全の品質保証を実現しています。
 

基礎補強
SDS調査結果に基づき、最適な基礎補強を行い、強い地盤をつくります。家を長期間支え続けるための重要な工事です。主に「柱状改良」と呼ばれる工法で、地中に柱状の改良体を支持地盤まで形成し、補強を行います。
 

基礎配筋
全て13mm径鉄筋を使用。基礎の立ち上り厚はなんと150mm!基礎の配筋は、建物の強度全体に影響が及ぶ大切な工事です。弊社標準施工では、全て径13mm鉄筋を使用することで、より強い基礎を実現しています。
 

高耐震基準ベタ基礎
一般的なベタ基礎の1.5倍の強さを実現しました。建物からの荷重を支える基礎には、高い剛性と強度の床盤が求められます。180mmものコンクリート厚で強固に仕上げられた床盤は、信頼性と安全性を高めます。
 

三層剛床構造
三層構造床厚「5.2cm」!強度と遮音のために・・・。 建物の水平剛性を確保する床構造。2.8cm構造板の上に遮音材をはさみ、床材を仕上げる三層構造とすることで、最高レベルの強度と遮音性を実現しています。
 
採用グレード「マーベラスライフセレクション」
 

構造用集成材
強度・品質のバラつきがなく、精度の高い施工が可能に。 木の反りや収縮など、木造構造材の弱点を克服したものが構造用集成材。無垢材に比べて若干高価ですが、高い精度と性能を維持・確保しています。
 

構造用集成材
強度・品質のバラつきがなく、精度の高い施工が可能に。 木の反りや収縮など、木造構造材の弱点を克服したものが構造用集成材。無垢材に比べて若干高価ですが、高い精度と性能を維持・確保しています。
 

省令準耐火構造
火災に強い家を目指して、火災保険料もお値打ちに。外壁や軒裏の防火構造をはじめ、家屋内にもファイヤー素トップを設けることで、大切な家族と家を火災の危険から守ります。火災保険料が4割から5割程度お値打ちになるメリットもあります。
 

生活防音
音に気兼ねなく暮らせるのは、見えない配慮の賜物です。主寝室やトイレに接する壁には、防音材を設置。生活音を気にすることなく暮らせるあたりまえの価値を提供いたします。